山ガール生活 はじめました

名もなき活動家「東 舞香」

あらためまして あらたな生活のご報告をば。

現在の居場所は 長野県「上高地」のとあるところ。

7/1~10/22 とある場所にて従業員としてお世話になることになりました。

( ・∀・)

で。

その施設の名前を出してよいかは確認し 一応オッケーいただいていますが、

施設に関わる情報については常識範囲内にといたします。

ただ 投稿の内容は上高地の自然や景色など主にお伝えできればと思いますー。

上高地もあれこれありますが、

詳しく知る人は その写真だけでどこなのかわかっちゃうかもですねー。

さて。

わたしは山や上高地などについて予備知識ナシで乗り込んでますが、

どうやらあれこれ歴史も奥深くておもしろそう。

そんなマニアックなことも学べてお伝えできるようになればと思います。

◆ 「山ガール」のための準備について

ちなみにここ1ヶ月くらいの総まとめ。

ほぼ6月半ば~後半は怒濤のような日々。

追い込まれないと動けないタイプでして。(笑)

山ガール目指す方はご参照に!

(ならない。)

メインは 丸8年住んだ部屋を退去したことかな。

そのための荷物の処分と準備に時間を費やしていました。

①「東 舞香の身ぐるみ剥がしにきてください市」

②「必要物品揃えたいのでよろしくお願いいたしますアピール」

③メルカリ覚える

④コンビニ・スーパーでちまちま段ボール集め。

⑤ひたすら荷物の梱包・そして発送作業。

※隠密活動(イベント系のバイトのスキルが生きる)

⑥ 不要なものが処分しきれず

慌ててリサイクル業者、粗大ごみセンター、宅配業者にお世話にな

⑦カスタマイズした全身タイツを準備

⑧カメラを買う

(まだ使いこなしてないのでこっちで練習する)

⑨漫画「岳」(がく)全巻読んで予習

(素晴らしい漫画だった!)

⑩歯の治療を間に合わせる

(なかなか気軽に町に降りれないため)

⑪マンションのネットとあまり使っていないネットの契約を切るが どちらともまさかの一番高額な違約金にびびる。

⑫退去間近になって 初めて床に大きな焦げを作ってしまい あわてて業者を呼ぶ。

⑬夜行バスを手配

(自分で手配は初めて。せっかくなので3列シートのちょっと贅沢な方をチョイス)

◆ 実は わくわくドキドキではない。

端から見るとね、たぶん

わくわくドキドキ、勇気ある行動、

そう思う方もおられるかと。

ていうか、よく言われるのだけどね 実はそうでもない(笑)

たしかに 我ながら行動力はある方だとは思うけれど

こんなことに勇気もへったくれもない。

ただただ、わたしの 性格・気質・体質をもってしての わたしの「生き方」なだけである。

つまり人が思うより「普通」のテンションであります。

( ̄ー ̄)

◆試練というか 課題もある

やったことない事もあれば

イメージで 苦手そうだと思うものもあるし、

ちょっとやってみたからこそ苦手だとわかってることもそれぞれなのだが。

・人生初めての寮というか住み込み生活。

(寮とか共同生活嫌なので実家でてすぐ独り暮らししてたくらい)

・虫が苦手

山=「虫」。

あえて深く考えないようにしてたのだが、

いざ施設を見渡すとたくさんの殺虫剤のストックに 現実を見ざるを得ない。

・カエルとかトカゲとかそんなんも苦手

通り道、さっそく出会ってしもた。

てのひらにこんもり溢れるサイズのカエルちゃん。

思わず声出たし!

・虫に刺されやすい

自他共に認める「蚊」に噛まれやすいタイプ。

やーだー!

・・・(;´Д`)

・野生の動植物の知識もない

通りすがり見かけた でっかいお猿さん!

一瞬「もふもふのチャウチャウ」に見えて じっと見てしまった。

猿は目を見ないで無視しとくんだってさ。

・宿泊業、飲食業、が初めて。

大人数を回す内容・受付・金銭のやりとり、ご飯を運ぶ作業が苦手。

そう、明らかに苦手分野。

・方向音痴

地図読めない、地図のイメージと体感が違う、

道案内が苦手。

迷ったら勘をたよりに!なんとなくこっち!と進むと本気で迷子になるやつ。

あと。

標識にある「○○まで□km」なんてのも

慣れてないから ちっともわからない。

・甘い期待、読みは外れる、天気読めない

さっそく上高地初日の話だがら、

さすがに行きは雨降らないと思ってたら とことん豪雨。

自然・お天気は読めるようになりたいね。

・荷物が多い。しかし必要なものはない

さすらいの旅人にあるまじきや…

今回、実は荷物はやっぱり多くなった。

あらかじめ宅配で送ってたにもかかわらず、当日のザックや手荷物も なぜだか重い。

それでね、甘くみてたせいかさっそく苦労したのだ。

晴れてるつもりだったんだけど すごい大雨でね。

かつ、その時一番必要なカッパは持ってこず。

豪雨だから腰を降ろして休むこともできない。

荷物重くて背中も痛いから 荷物をちょっとくらい降ろして休みたかったのだけどね、それすらできない。

ちょっとしゃがむだけでもびしょ濡れ。

やっぱ、歩くていなら 装備の選択・必要最小限の量にできるようにならないと

山ガールとはいえないね。

……………

さて、そんなこんな含め

いろいろ学んできまーす

( ・∀・)

◆上高地より

あぁ。わたしは雨女だったらしい。

※大雨によって一部通行規制がかかるほど降りました

砂利道はほとんど水溜まりに。

でもこれもまた面白い道になってますー。

木が折れてる!自然の力。