人の影響を受けやすいとは ~「自分」がわからなくなる時・消耗したと感じる時~

自分の個性・強みに気付く近道は
人と接する事。

自分の答えは自分しか持っていない。
しかし、
自分だけ見えない部分、
人を通じてしか気付かない自分、
というものがある。

「他人の目を気にするな、比べるな」
というのは、

自分と誰かと比べて
卑下して落ち込んだり、
つけあがったり、
自分のしたい事をしない言い訳にしたり、
そういう事ではないよ、

という意味。

人とのつながりの中でしか感じれない事。
相手と自分、どこが似ていてどこが違っている?
他人から見た自分の魅力って?
出来事に対し、人はどう感じる?自分はどう感じる?

人と同じでないからこそ気付く部分。
人を通じて教えてもらい、あらたな自分の一面に気付く。
そうやって、自身の幅は広がっていく。

だから人間関係は面白い。

しかし。
そこにはひとつ注意点がある。

大小なりとも
人は、人の影響を受けるという事。
よくもわるくも、感化されるという事。

今回 わたしの経験を語る。
特に影響を受けやすいタイプ・繊細なタイプの方はご参考に。

適度な距離なら大丈夫?

わたしが一時身を置いた場所。

様々なタイプの人がいて、
行動的・発信力があり、またはそれを学ぶ人々の中。
様々な経験をする事ができ、刺激を受けていた。

しかし。

すべてがいい影響・すべてが自分に合う人とも
限らないわけで。

当初は
適度な距離を保てば大丈夫、
自身が受けている影響も自覚しているからまだ大丈夫、
それよりも楽しめる・学べる部分が大きい。

この半端な自覚が、油断となり仇となった。

直感?思い込み?

わたしは、
器質的に人の影響を受けやすいタイプ。

なので、人との距離感や身を置く場所は
自然とより分けているし、注意もしている。

しかしね。
思った以上に感化されていた部分があった。
それを確信するのはずいぶん後の事となったが。

一言でいうならば、自分の直感が鈍った。

たとえば。
あの人と距離が近すぎるのは危険。
これ以上は近づかないでおこう。
影響を受けやすいわたしは自身を守るために大切な事。
しかしね、その直感が鈍ってたものだから
なんとなく感じている違和感をスルーして、
うっかり近づきすぎているわけ。

この「直感」と「思い込み」
実はちょっと混同しやすい部分。

自分の感じていた違和感は、
もしや食わず嫌い・思い込みだったのでは?

そうなった時点で すでに思考のループ。
考えれば考えるほど、「わからない」もの。
でもね、肝心の直感が鈍っているのだから
わからない。で、とことん考えちゃう。
(そのループにハマる)

そうやって、本来受けている影響の大きさも
過小評価してしてしまっていた。

影響を受けるのは、むしろ好きなタイプ

自分の個性・強みに気付いてより生かせる方向に。
そうありたいと行動をしていたのだが。

しかし 気が付けば
自分の個性が霞む・埋もれる・自分だけ見えない感。
答えはあるはずなのに、これだけ探してもわからない感。

部屋が散らかりすぎて
探し物が見つからない、そんな状態。

どうしたものかと思っていたのだが。

どうやら、影響力のある人達に関わり
たくさんの情報量を得ようとしてしまい、
かつ自身も発信をせねばと
思った以上に気力を費やしていた。

気力を消耗しているゆえ、
その影響に自分がかき消され、自分が気付けない。
それだけの事。

ここでのポイントはね。
思わぬ影響をがっつり受けるのは、
嫌いなタイプではなく、むしろ好きなタイプ。

自分にとって、魅力的・惹きつけられる人、

好きなタイプだし、勉強になるし、刺激的、
そうやって自ら足をつっこんでしまっているパターン。

自分自身のやるべき事がお留守になっている時ほど
時間と気力を費やせてしまうしね。
結果、さらに自分が霞む・何もない感ループに入るわけだ。

いくら良かれと思う事でも、
自分にとって不自然な事、容量オーバーのものって
やっぱり気力を「消耗」している。

渦中にいると、ちょっと気付いてもスルーしちゃうのだけど、
そのスルーが当たり前になると。
今度は枯渇するまで気付かなくなくなる可能性がある。

最後に

人から受ける影響。
時には自分の思ってない方向、
本来望んでいない方向に進んでいる時もある。

どこに向かおうが
いいもわるいも、正解もない。
しかし、自分の中には 本来望む方向があるはず。

もし。
自分にとって居心地のよくない影響を受けていると感じたら。
どこかで軌道修正するポイントは必ず、いくつもある。

どんな状況でも、
揺さぶってくる人、
見守ってくれる人、
助け舟を出してくれる人、
様々な人がいる。

その人達との関わりの中に、ヒントはたくさんある。

その場所に、自分が居たいのか、居たくないのか。

誰の言葉を大切にしたいのか。

何を大切にする自分で在りたいのか。

気付く事ができたならば。
関わる人・身を置く場所そのものを選ぶ事ができる。

そこに気付くヒントになれば。

続きの記事

人の影響を受けやすいとは ~ブログ等 文章・発信を通じて~
この記事の続き・関連。 自分に合った環境を選ぶ必要があると気付いた話。 わたしの今の考え方を伝えておきたいので 表現を変えて、さらに綴ってみた。 全てに共通する大切にし...

過去関連記事

「人の評価を気にせずやりたい事をやる」 と 「他人のフィードバックは大切」に矛盾を感じますか?
人の評価を気にしている方へ。 人の評価を気にしないように 頑張って努めている方へ。 周囲の大人から常に「評価されて」 生きて育つ過程において。 嫌われないように・怒られな...