一目瞭然!プロフィール写真は重要! ~写真の変化を完全公開~

 

プロフ写真は大切。

細かい解説は抜きにして
変化・経過をご覧いただこう。

(facebook・ブログのプロフィール写真)

①プロフィール写真の変化「ブログ」

①ブログ開設(2011.6.15)
(はてな) 

若かりし頃の自分(むっちむち)

この頃は全く顔出ししていません。
ずっとこれ。

user

②ブログお引越し(2015.11.17)
(はてな→アメーバ)

アメブロを始めたのは、イベント告知目的。
必然と顔出しの方向へ。
プロフ写真は、隠しているわけではなく
この写真が何気にオイシイと気に入っていた。

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e5%86%99%e7%9c%9f

③プロフ写真変更(2016.2.27)
(アメブロ)

活動上、やはり顔出しは必須。
比較的写りの良さげな写真をチョイス。

%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

④現在のサイトへ。(2016.9.29)
(アメーバ→FC2→wordpress)

施術アピール用に撮影

t02200358_0800130113696639783-2

⑤現在のサイト(2016.10月)

たまたまスーツ姿の時があったので、
この写真をプロフにしてみる。
真面目そうな一面が伝わるかなと。
(後に、色が地味だと指導あり)

14696892_948023271968251_207361904_n-3

・・・・・・

ここまでが、2016.11月までの事。

②プロフィール写真の変化(facebook)

①facebook開設(2011.11.30)
プロフィール写真なし

②プロフィール写真設定(2012.3.21)

幼き日のあの頃

%e3%81%be%e3%81%a0%e3%81%be%e3%81%a0%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%82%89%e3%81%97%e3%81%84%e5%ad%90%e4%be%9b%e6%99%82%e4%bb%a3

③変更(2014.5.22)
とある猫カフェのお猫様

10303171_547516178691169_270718806633812788_n

④変更(2015.2.23)

とあるお寺の貼り紙より。
(無許可ゆえ、ひそかに使用)
左下のスタンプはお寺の名前を伏せるため

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e5%86%99%e7%9c%9f

~2016.4月 とある転機が訪れる~

(あの!噂の!某塾を受講)

⑤変更(2016.5.21)

プロフ写真の大切さは理解した。
活動の性質上も、顔出しも必須。
しかし!
この貼り紙のインパクトを捨てるのも
大変惜しい。

ならば!

その合理性を融合した結果。

%e5%9b%b31

⑥さらにちょい手直し(2016.8.14)

顔が見やすいように少し大きめに。
写真も一応差し替えてみる。
(一応工夫してみた末の事)

2016%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95

・・・・・

プロフィール写真は大切。

特に、仕事・活動用ならなおさら。

「この人に会ってみたい」
「この人にならお願いしてみたい」

わたし自身とて選ぶ時。
その写真・表情から受ける印象ひとつも、
見極めるための大切な判断基準。

だからこそ、その必要性は理解している。

しかし。

わたし自身「何屋さん」が固まらず
どういうイメージで撮ってほしい、
それがわからないまま
プロに撮影依頼もできない。
そんなこんなで保留にしていた。

そんな最中、あの「毛玉騒動」勃発。

(その経緯はこちらをどうぞ)

http://namonaki.net/2016/11/28/post-1849/

結果、現在

ああ。素敵なお写真を
撮っていただいてしまった。
(∩´∀`)∩きゃぴぴ

今現在、素敵なものがありすぎるので
ブログのアイキャッチ画像、
facebook・Twitter・Instagramと
時々変えて楽しんでいます~。
(ひとつに絞れないのYO!)

15107294_1049412211834894_9062535523250047565_n

s_dsc_7679

s_dsc_7689

s_dsc_6863

s_dsc_6866

15232159_1424431847585959_5782714648027349263_n

s_dsc_7834

※「ジャンプ力」がなさ過ぎて「思たんと違う」と言われた一枚。 これも使ってみる予定。

  考察

①写真が「今の自分」でないと
人から勘違いされる元となる。

1)自分の子どもの頃の写真
→「お子さんいらっしゃるんですか?」
子どもの頃のわたしなんです・・・

2)猫カフェの猫の写真
→「猫飼っているのですね?」
いえ、飼ってません。猫好きですが・・

3)やられたらやり返す恩返しだ!
→「ご自身で書かれたのですよね?」
実はこれはどこぞのお寺の貼り紙で・・・

4)近々のスマホ写真を使用。
→いつも見ているので初めて会った気しません。
→初めての方に向こうから声をかけてもらえる
写真を「盛っていない」証明(笑)
「盛っていない」は、やはり利点である。
(盛る程の写真を使っていないだけだが)

・・・・

話のネタとしてはね、
多少のツッコミどころあるほど
話は弾む。

が、しかし。

つまりは、写真ひとつ、大切な情報。
相手に対して誤解・誤りを伝える
可能性もあるといえる。

また。

「それは違いますのん。実はこれは・・」
毎度説明しなおす必要があるもの。
「時間」として考えるとね、
ずいぶんなロスになり得る。

とくに仕事・活動関連で多くの人と
会う機会は、一人とじっくり話す時間が
ないことも。(交流会的な場とかね)

のんびり弁解・エピソードトークの一つも
できない場面がある事を忘れては
ならないのである。

そしてね。
直接突っ込んでもらって初めて
「勘違いされている」と気付いたわけで。

これがネットの向こうの方になら、
その弁解すらできないわけだ。

そういう観点からも
相手に情報を与える・受け取ってもらう
という関係上からも、
自分が伝える・差し出す情報は
吟味したいものである。

②写真を変えてみての実際

1)自分に似合う服・路線に気付く
そもそも、この機会がなかったら
自分で選ぶことのなかった服装。
ひとつ、自分の選択の幅が広がったのだ!

そして。

真面目な服=スーツ

だったのだけど。
その思い込みもひとつ外れました。

どうやらわたしにとても似合うようだ(笑)
(∀`*ゞ)エヘヘ

2)人から褒めてもらえる機会となった
自分でも似合っていると思うので嬉しいが、
さらに人から褒めていただけるので
もっと嬉しい。

3)自分が写真を選ぶのが楽しい
せっかく様々なパターンがあるので
ひとつだけではもったいない。
それぞれちょっとポーズや構図が
違うだけでも印象が違うものだ。
現在、お試しの意味も込めて。

4)「アイキャッチ画像」も選ぶようになった
ただ自分が写真を使いたいだけ、
というのもあるのだけど。
記事の内容によってもちょっと
選ぶようになった。

真面目に語る雰囲気の時と、
ネタ系の記事では、やはり
アイキャッチも選びたいものである。

5)SNSの申請が増えた
これは、確実に増えた。
(数字上の変化は数えていないけど)
その分の見極めも必要ではある。

6)妙に堂々とできる。
自分が堂々と顔出しし、
かつ、気に入った写真を選んでいるとね。
なんだか、より堂々といれるのだ。

不特定多数の人が関わるネット上。
自分が言いたい事を好きに書き込むわけ
だから、最初はとても防御していた。
顔出ししなかったのは最大の防御。

しかしね。
名前・顔出しで意見を書くわけだから、
書き込む文章には当然責任を持っている。

だから、世に出す事に躊躇はない。

もちろん、当然
反対・批判意見が出る可能性とてある。

ただ、相手も素性のわかる方ならば。
せめて名前と顔がわかるならば。
対等に伝えあうスタンスでいればいいだけ。

結局、ネットを経由するかどうかだけで、
その先に「人」がいる事に、変わりない。

時には、相手の素性がわからぬ事は
あるだろう。

しかし。それならば
一層わたしが生身の人間である事を
伝えるほかないだろう。

それで通じぬ相手なら。
やりあう必要とてないものである。

  結論

プロフ写真は大切。
(・∀・)♡
ご自身のプロフ写真に満足していますか?

「かさこさん」ブログ集

◆撮影いただいた写真はこちらより。

http://kasakoblog.exblog.jp/25048419/
自然体の自分を取り戻すフォトセラピー~女性ポートレート写真:毛玉姫こと東舞香さん

http://kasakoblog.exblog.jp/25048480/
今までにない自分を発見するフォトセラピー~女性ポートレート写真:毛玉姫こと東舞香さん2

◆プロフィール写真関連の記事

こんなプロフ写真にしてたら要注意!
フェイスブックで印象が悪いプロフィール写真12のパターン
http://kasakoblog.exblog.jp/24453490/
プロフィール写真を盛ってはいけないたった1つの理由
http://kasakoblog.exblog.jp/23102247/
 
プロフィール写真が実物よりおっさんくさい!と言われたので変えてみた
http://kasakoblog.exblog.jp/24362601/
プロフィール写真にもストーリーを。
ただきれいな写真じゃつまらない。1年に1回写真を変える
http://kasakoblog.exblog.jp/24022729/