わたしは「オバサンだから・おやじだから〇〇できない」そう発言するすべての女性に物申す。

わたしはオヤジだから。
もうオバサンだから〇〇できないの。

そう発言するすべての女性に物申す
ただのつぶやき。

・・・・・

あなたはどんな人ですか?

「わたしは〇〇な人です。」

これは「セルフイメージ」の話。

自分が自分をどう思っているか。
自分の事をどう表現するか。

「あなたってどんな人ですか?」

そう訊かれた時、あなたはなんと答える?
自分が自分をどう見ているか・どう扱っているか、
実はその「一言」に集約されている。

自分の一面って、実は数々あるもんだ。
わたしだって色々ある。

行動力ある時もあれば
ひたすら誰にも会わず引きこもる事もある。
打たれ弱い面もあれば
物おじせず堂々とできる事だってある。
適当・おおざっぱタイプとも言えるが
一部にはやたら神経質な面もある。
猫が好きだが犬も嫌いじゃない。

人と話す時、
そんな、数々ある中から
「わたしって〇〇な人です」
ひとつふたつ自然とチョイスしている。

「わたしっておおざっぱな人です」
「わたしって神経質なんです」
「わたしって猫好きです」

・・・さて、何選びましょうかね?

「ひとつだけ」と言われた時に
すごく悩んじゃう時。

先に言っておこう。
そもそもはじめから「すべて」を
伝えようとしなくていい。

どのみちね。
一言だけではすべては伝えきれないものだから。

伝えきれない、そう思った時って
たくさんたくさん言葉を塗り重ねたくなる。
もしくは
伝えるほど伝わらないくらいならばと
伝える事・話す事すら諦める。

今回は「わたしって〇〇な人」一言の話。

数ある中から、
今、その目の前の相手に
一番知ってほしい事ってあるはず。
それを選べばいい。

自分の色んな一面。

日常では、あまり深く意識しない事も
あるだろう。
なので、いざ聞かれた時に返答に困る
場合がある。

そんな時。
まずは、紙に書き出してみると面白い。
一人でも友達とでも、言葉にして
言い合いっこしてみるのも面白い。

そうするとね。

自分の好きな面、嫌いな面、
当たり前すぎてスルーしているだけ、
自分が好きな面・嫌いな面も
自分自身のジャッジである事、
自分がよく使う言葉はどんな言葉か、
新たに気付いた自分の一面、
などなど・・・

それを一度やっておくとね。
自分を表現するための幅が広がる。

それが結果的に、
自分の好きとか得意を見つけたり、
自分でつけた思い込み・制限に気付いたり、
本当は人に伝えたい一面と自分の表現の
解離に気付いたり・・・

・・・・

わたしはオヤジだから。
もうオバサンだから~~できないの。

今も昔も、よく聞く言葉。

わたしだって、自分に使っていた。
もちろん、そういう一面もある。
真面目にオヤジの部分あるから
嘘じゃない。

でもね。
自分でそう表現している時、どんな気持ち?
ホントにそう思っている?

特にね。
この言葉を使う方は、
日常の口癖になっている可能性がある。
事あるごとに「自分はおばさん」「実はオヤジなの」
そう連呼していないか?

これが、人に知ってほしい・アピール
したい面、自分にとっての強み部分、
それならいいのだ。
その場の雰囲気に合わせてたネタだってある。
それならば積極的に使ってもいいんじゃないかな。

でもね。

この言葉を選ぶ時の根底、それが
「自己否定」ならば。

人がやってる、自分もやりたい、
自分にはできない。
あの人はかわいい、自分はそうでない。

人から言われるととても傷つく。
傷ついた過去がある。
だったら、そう言われる前に自分から
言っておけばいい。
わたしは自覚があるんだから、もうそっとしておいて!

そんな、防御からきている言葉なら。
わたしはね、おすすめはしない。

またね。
別記事でも書いたが、人を褒めるために
わざわざ自分を落とす・下げなくていい。
褒められた人にとっても、ちっとも快くないもんだ。

・・・・

言葉・波動の大切さをご存知の方も
いると思うので、ここでちょっと触れておく。

かの有名な「江本勝」さんの水の結晶の実験。
水に言葉を毎日かけて
その凍らせた結晶を見たもの。

「ありがとう」
「バカ野郎」
「無視」(言葉すらかけない)

o0373030510847769275

写真はネットの「画像検索」より拝借。(転記元不明)

これをご存知の方は、もうわかるはず。
自分が発した言葉、誰が一番聴いている?

そう、自分だよね。

「自己暗示」
「アファーメーション(潜在意識)」
そんな話と並べてもいいだろう。

自分で発した言葉で
自分に暗示かけていると言える。

・・・・

さて。
あなたは「どんな人ですか?」

どう自己紹介しますか?
(*‘∀‘)

・・・

そして。

自分よりイケている
オジサン・オバサン年代の方は
この世にごまんといる!
(ホントにごまんかは不明(笑))

なので、そういう方々と会うとね。
「わたしってオバサンだから」
なんて使う事すらとんでもない(笑)
自分より年上の方の前では使えないよね。
場所によっては
30~50代くらいでも「若い子扱い」してもらえる(笑)

なので!
イケてると思える素敵な人生の先輩を
見つける・実際に会う事もオススメである!

過去関連記事

「羨ましい・もったいない」が口癖のあなたへ。人を褒めるのにへりくだらなくていい。
看護師さんっていいね~、うらやましい~ 看護師辞めてもいつでも戻れるからいいね~ 辞めるなんてもったいない! わたしは何も資格ないから大変なのー ・・・・ ...