「他人」の代弁は、できない。

誰かの気持ちを聴いた時。
心に響く話を聴いた時。

人に伝えたくなる時がある。

〇〇さんがこう言っていた。
〇〇さんは~~な気持ちでいる。

でもね。

それをいくら忠実に伝えたくとも
人の事を正しく「代弁」する事なんて
本当の意味では、できやしない。

そして。
しなくていい。

〇〇さんの気持ちは、
〇〇さんが、伝えればいい。
〇〇さんしか、伝えられない。

たとえ
その〇〇さんがあの時言っていた
その言葉を一言一句切り取らずに
伝えたとしても。

〇〇さんの伝えている事というのは
その前後の脈絡も含め、
また、言葉に表現していない想いも
含まれている事もある。

それを無くして、
目の前で発した言葉、
あなたが切り取った場面・
受け取った場面だけで、
〇〇さんの「代弁」というのは
本当の意味では、できない。

あなたができるのは、
〇〇さんの話を聴いて、
自分がどう感じたか、
自分がどう解釈したか、
自分が何を伝えたいのか。

だから。

できる事は
それを感じた自分が、
何を伝えたいのか。
それをいかに
シンプルに・素直に・効果的に
伝えられるか。

それができれば。
時に、その〇〇さんが伝えたい事と
解釈が全く同じなら、
〇〇さん一人で伝える以上に、
より伝わる事となる。

また、時には
〇〇さんとあなたの想いや解釈が
違う場合も、気付く事ができる。

伝えるのは
「自分」を通じてである事に
責任を持つ事。