突き抜けるとはなんぞ。~ただのつぶやき~

※※
この記事は自分の整理のための
吐きだし内容です。

お役立ち情報はありません。
悩める38歳の自称活動家の
心境や活動の経過・変化も、
一つのネタとしてご参照いただければ。

============

わたし東 舞香にとって
「突き抜ける」とは、なんぞ。

わたしも、何かに突き抜けたい。

しかし、明確に
「何に突き抜けたいのか」
が言えない。

偏りたくない、
真ん中がいい、
中庸がいい、
どこか中途半端が安心、
わたしがしっくりくるのは
そういう立ち位置。

そこそこ・中途半端・中庸、
それすら極めたら
突き抜けているのと言えるだろう。

「ワクワク」も、ちょっとかじったら
満足してしまう。
ひとつを深めるに至らない。
「わくわくしないけどできる事」
もあるけど、それも深めてはいない。

だから、すべて中途半端だからと
動けなかった言い訳をやめ
それを逆に強みにしてしまおう、

それが「名もなき活動家」
の始まりでもあった。

・・・・・

何がいい、と言い切れない。
何でもアリ、としたい。
なのに、本当の意味では結局
何でもよくない。

そうやって考えて、立ち止まって、
今度は動いて、
そうやって何周もしてきたけれど。

また立ち止まる時期になってしまった。

立ち止まる内容は、結局同じ。

「自分を活かしきれていない感」

・・・・・

何度も何度も突き付けられる事。

「あなたは何がしたい?」
「あなたは何を提供できる人なのか?」
「誰に何を伝えたい?」

それを模索している人、
突き抜けている人たちに出会うから。

その時「わからない」ものは、
グレーゾーン・棚上げという選択も
アリにしている。
時には白黒つけ、時にはグレーを選んだり、
そうやって選択し続けている。

さて、この11月。
これまでの積み重ねが、またもや
揺さぶられる時期となってしまった。

そもそも、
何かを伝える事ができないと
ダメなのか?
何にワクワクするのか?
なぜワクワクが足りないのか?
自分の好き・ワクワクが足りないと
仕事にならないのか?
それなら独立に向いてない?
単にアピール・告知が足りないだけ?
告知してまでやりたい事がない?
人に提供できて喜んでもらえたらうれしいけど。
そもそも、仕事はさほどしたくないと思っている?

今までは
「ワクワク」というより、
人の活動をみて
自分もやってみたい・できるかもという
「うずうず」がきっかけ原動力だった。

自分だってできるかもしれない、
自分ならこうするのに、
その「うずうず」は
やってみるまで消えない。
だから、やってみた。

実際、やってみると。
また、やっている人の元へ訪れると。
結局「そこそこ」で満足してしまい、
それ以上続けようという気持ちにならない
事ばかり。

やはり、「ワクワク」とは違うのか。

・・・・・

わたしには、どうしても
そこまでの「ワクワク」がない。
続かない。
深まらない。

たとえば「猫」

猫が好きだ。
動画・画像もいい。でも本物はもっと
かわいい。自分では飼っていない。
猫カフェも、行ったら存分に楽しむけど
毎日猫カフェ通いたいという情熱はない。
せっかくなら一度くらい猫カフェバイトは
アリかと情報検索まではしてみるものの、
それ以上の行動には至らず。

たとえば「オシャレ」
オシャレ・カラフルな服装だって、
きれいになる事だって、
やってこなかったわけじゃない。
しかし、結局まぁまぁで落ち着く。
自分なりの、そこそこの
満足感と中途半端感というか。
いざとなればなんなりできるはずだが、
結局はそこに注ぐがそこそこなのである。

(ここは、毛玉の人として
また楽しむチャンスなのである)

・・・・・

そして、今。
これまでちょっとずつ動きながら
固めてきた事。

結局、一番のポイントが固まって
いないまま。

活動の事、
どう生きたいか、
自分は何者と紹介するのかとか、

今まで固めつつあったもの、
一度まっさらにしたくなってきた。

(肩書・HP・名刺・セルフマガジンなど)

しかし、そうひっくり返す事は
単に考える事・動くのを
諦め・辞める事なのか?
逃げなのか?
はたまたそのやり方がいいのか?

しばらくはこのあたりを出し尽くそう。

・・・・

というつぶやきを書いていると。

うーん、結局は
遊びや体験が足りないだけかな?
(だが、そこへの興味が薄め)