文章書くのが苦手・人と話するのが苦手な人こそ「ブログ」が効果的な理由。

文章や話をすることが苦手な人は
「人にわかってもらえない」感
ある場合が多いと思う。

しかし、その大きな理由のひとつ。

「自分が伝えていない」
「伝わるように伝えていない」

人に分かってもらえない、
伝えたいけれど伝えられない、

つまりはそれそのものが
自身の生きづらさとも言える話。

そんな方のために

東 舞香的ブログのススメ話。

・・・・・・

東 舞香にとってのブログの効果。

①自分の整理

自分の気持ち・考えを出せる場
自分の気持ち・考えを整理できる場
自分の気持ちを整理して人に伝える練習の場

②発信

自分の気持ちや考えを人に伝える場
活動の告知・情報提供

③生きた証

自分の活動の記録
後に残せるもの

・・・・・・・

今回は
話を2つに分けて説明する。

①「自分」の整理、伝える練習に。

文章書いたり話するのが苦手な人ほど
伝えたい事がたまっている。

伝えていないから、伝える事が上手でない。

上手でないから、伝えない。

どうせ分かってもらえない、
という気持ち。

ますます伝えない。

ちょっと思い立って伝えてみる。

やっぱり伝わらない。

ほらね、やっぱり。

以下エンドレス・・・

・・・

わたし自身、
自分の想いや考えを伝えるのが
とても苦手だった。

文章書いたり話するのが苦手
というのは。

伝えたい事がない、のでは ない。
沢山ある。

しかし。

想いが大きい程、
上手に言葉にならない事もある。

半端に伝えても、誤解されるのも嫌。

しかし、頭の中すべて説明する事は
不可能。

話の通じない人に説明するのは
気力を消耗する・めんどくさい。

でもね。

上手でない、という理由で
伝えないという事は、

伝える事を(実践)していないから
いつまでもが上手にならない。

それが、いつしか
「どうせ分かってもらえない」
につながっていく。

言い換えると。

「わかってもらえない」のは
上手く伝わっていない「だけ」
の事がある。

(伝わったうえで理解されないのは
また別の話)

自分の気持ち・考えを一旦文章に書き起こす事で
自分の頭・こころの中を可視化できる。

苦手であろうがなんであろうが、
一旦、出す事で気付く事がある。

こんなにも、伝えたい事があったのか。
こんなにも、文章としてまとめられないのか。

たくさんたまっているからこそ
まとまらず、
自分の中でさえまとまっていないものを
人に上手に伝えられるはずもない。

リアルな「お片付け」をイメージするとわかる。

物がない・持っていない
と思っても実はしまってあったり、
持っているけど
導線的に出しづらい・取り出しにくい、
片づけ方・整理の仕方を知らないから
どんどんたまっていく。

そうなったらどうするか?
奥にあるのも一旦全部出す事。
散らかる事もいとわない事。

そうやって
目の前に出して始めて気付く事がある。

こんなにも、自分の想いがあったのか。
大切にされていないと思っていたけど
そうではなかったのかもしれない、
伝えたいと思っていた事と、本当の
気持ちは実は違っていた事、
などなど。

自分の気持ち・文章・言葉、
散らからないようにしたくても、
きれいにきちんとまとめようとしても、
これまでため込んだものが多ければ、
最初からきれいにまとまらない。

でね。

それでいい。

もちろん、文章・言葉遣い一つにしても
持ち前の性格やセンスもある。
しかし、それを生かすにも「経験」が
あってこそ。

そうやって、人に伝えやすいように
自分の言葉の選び方や伝え方に気付いてくる。

また。
文章におとせた時点で
気持がスッキリ満足する事もある。

そのため、せっかくいいお題があったと
書きかけるのだけど、
自分の中で解決してしまって、
ブログネタまでまとめ上げきれない事もある。

でもね。
こういうのは、本当に「伝えたい人」が現れた時、
その人に向けた新たな言葉として、生きる。

その時がくるとね、
ああ、あの時まとめられなくても別によかったんだ、
って、色んな答え合わせ時なる。

さて。その自分の気持ち・想いを
わざわざ「ブログ」で書く利点は。
(ネット上である利点)

1)オンライン・オフラインでも可
(自分の為だけでも、人に読んでもらうためでも)

2)自分に合ったかわいいテンプレートが豊富
 で書きやすい
(お仕事用でなければ無料で遜色なし)

3)紙媒体でない

・紙でないのでかさばらない
・書き直し・下書き保存・削除もいつでも可。
・ネット上のものは各端末でアクセスできる

4)一度書くと、必要な機会にその都度使える

・リンクを貼る、コピペする。
・時にはちょっと手直しして出す事もできる。

5)自分の気持ちを代弁したような記事で出会える

世には、自分の想いを誰かが代弁してくれたかの
ような文章がある。
もし自分が一から十説明できない時、
その記事のリンクをそのまま貼ったり、
その記事の感想を書く形など、
自分の表現を手助けしてもらえる。

・・・

もちろん、ネット・PCだからこその弊害や
不便もある。
紙媒体での日記での良さもある。

それを差っ引いても、わたし自身は
ブログを始めてよかったと思う。

・・・・・

②生きた証

これは、そのままの意味。

わたしが今、
突発的な事でぽいっと亡くなったら。

きっとね、いつか身内は
このブログやSNSを読むと思うんだ。

こんな考え・想いがあって、
こんな事して、
結局人生楽しんでいたんだな、

それが伝わると思っている。

わたしは今現在、一人暮らしである。
そのため、わたしの身内(母・兄)も
わたしが今現在何をやっているか、
実はあまり知らないだろう。
(ブログもSNSもやっていない)

以前、看護師を辞める際には
自分の想いについて散々説明した事もある。

それでも、
どうしても説明しきれない事や、
説明しても理解されない、
単に興味を示してもらえな部分
なんかも、やはりある。

なので。
もしわたしが今、
謎の突然死を遂げたら。

きっと、
何か怪しい世界に傾倒したせい?とか、
何か心病んでいたのだろうか、とか

何かしら疑われると思うのだ。(笑)

それはね、仕方ない部分もあると思う。

しかし。
それによって
「親としてしてあげられる事があったのでは?」
と罪悪感に苛まされては欲しくない。

それって、
一番悲しませたくない人を悲しませると同時に、
わたしの生きた人生を
なにか問題あったんじゃないかという
原因探しや、
別の誰に変な解釈をされたくはない。

書いている内容を理解する・されない
の話はさておいて、

わたし自身が、なんだかんだ楽しく
自分で選んで生きていたんだな、
という事が伝わればいいと思っている。

それだけ、今まで書いてきた文章は
自分にとって取り繕うものは
書いていないという自負がある。

まぁ、上手下手はあるけれどね。

そのためには。
今現在、
わたしがが堂々と生きている事そのものが
なによりの証明になると思っている。

・・・

ちなみに。
先日久々に母にあった。

そういえば、今現在何しているのか、
具体的には聞いてこなくなった。

母曰く、

連絡ないと心配。
だけど娘はしっかりしているから
大丈夫だ、
そう信じてくれている事、

わたしと兄、どちらも大事。
しかし、
やっぱり男の子のかわいさがあるのは
事実、
わたしはしっかりしていたから大丈夫
だと思った、
頼りきっていて申し訳なかった、

わたしたち子供がいてどんなによかったか、
子育てがいかに楽しかったのか・
人生、後悔はなく楽しんできたという事、

そうやって、
母があらためて想いを語ってくれた。

わたしは、この話をききながら
一人で泣いていた。

わたしは、看護師を辞めるまでのあいだ、
テーマが「母」だった。

人生の「足止め感」を掘り起こすと
たどり着いたところ。

しかし。
それを伝える事そのものが
当然母を傷つける事になってしまった。

それは、伝え方が上手でなかったから。
自分が「被害者」の立ち位置だったから。
最初は、「想いを伝える」ではなく
「感情をぶつける」から始まったから。

しかし。
それでも伝え続けていった先に、
今がある。

わたしが語る事で、母も語ってくれる
ようになったことがある。

お互い、伝える事が下手だったのだ。
不器用だったのだ。
頑固なのも、お互い様だったのだ。

・・・・・

今に至る過程において
さまざまな人との出逢いや、学びがあった。
その中の一つのツールとして「ブログ」は、
わたしにとって強い味方となった。

以前は、頭の中を一から十伝えないと
気が済まなかった。
それを説明しないと、どうして今に至るか
説明がつかないと思っていたから。

しかし。

「人に伝える」という点において、
それでは伝わらない、という事が
ようやくわかってきたのである。

わたしは、ブログを始めた事で
自分の表現について自覚できるように
なってきた。

人に伝えたい・しかし伝わらない、
そう感じている人は是非
文章に落としてみるといい。

ブログをする・しない限らず、
「伝える事」を諦めている方に
ご参考になれば。

========

◆過去関連記事

「男性のトリセツと子育ては、とっても似ているのです」男女のすれ違いの理由は至ってシンプル!
http://ameblo.jp/jibunnwoikiru-taiwa/entry-12191102436.html

「想いを伝えるとは。」
http://ameblo.jp/jibunnwoikiru-taiwa/entry-12162146360.html

※ブログやSNSの使い方についての
詳細は「かさこさん」のブログに
網羅されているのでそちらも
ご参照に。

◆かさこさんの記事

「ブログを毎日更新できない人にいい記事は書けない~数稽古をサボって質の言い訳に逃げるな」
http://kasakoblog.exblog.jp/22857444/

ご相談のある方は
「レイキ施術」「個別相談」にお越しください。

http://namonaki.net/page-90/page-8/