「人の評価を気にせずやりたい事をやる」 と 「他人のフィードバックは大切」に矛盾を感じますか?

人の評価を気にしている方へ。
人の評価を気にしないように
頑張って努めている方へ。

周囲の大人から常に「評価されて」
生きて育つ過程において。
嫌われないように・怒られないような
選択をとる思考癖となりうる。

だからこそ、今。

人の評価が気になる、
人の意見に惑わされる、
周囲の目・意見を気にして
自分の意見・想いを出せない
自分に正直になれない、

だからなんとかしたい!

そういう状況の人も少なくはない。

「そっか、気にせずやっちゃえばいいんだ」
と気付く人もいれば、

「人の評価を気にしないように
頑張って努めなければ!」
とさらに頑張る人もいるけれど。

ただね。

「人の評価を気にせずやりたい事をやる」

「他人のフィードバックは大切」

案外、ここに矛盾に感じ混乱する方も
いるのではないだろうか。

結論から言うと、矛盾しない。
しかし解釈次第では矛盾となりうる。

というわけで、今回の話のテーマは
「人の評価」について

・・・・・

今、世に言う

「人の目なんて気にしなくていい」
「人の評価を気にせず、自分の好きな
事をやればいい」

というのはね。

一般的な常識を気にしたり、
人から批判されたからといって
「自分が好きな事をやめる言い訳」
にはならない。

そもそも、自分が好きなら続けるし、
やめちゃうくらいなら
さほど好きでもないんじゃない?
という話。

詳しくはこちらの記事をご参照に。(かさこさん)

「夢をバカにする人が悪いんじゃない。夢をバカにする人に負けるあなたが悪いだけの話~ドリームキラー問題」

http://kasakoblog.exblog.jp/24751738/

・・・・・

以前、こんな記事を書いてみた。

人がすれ違い、関係がこじれる理由。~1例の過程から解説してみた~
http://ameblo.jp/jibunnwoikiru-taiwa/entry-12183684390.html

「あの人にこんな事言われた」
「自分はこう見られている」

ほんのささいな「思い込み」「誤解」
から、人間関係なんて簡単に
こじれていくという話。

でね。
ここにひとつ加えるならば。

自分にとって参考意見にするにしても
「圧倒的に症例数が少ない」
ということ。

「みんなにいつも言われる」
「だから向いてない、ダメなんだ」
なんて思ってしまう場合。

その「みんな」とは。
全体のうちの何人から?

そして。
「あなたにとってどんな人からの評価?」
身近で自分を良く見てくれている人?
SNSのコメント絡みだけの人?
公平な立場で見てくれている人?
あなたは誰のどんな意見を重要視
するのだろうか?

どれがいいわるい、の話ではない。
どれもそれぞれの立場からの一意見。

その相手がそう表現したのは、
相手にとっては「そう感じた」
という事実。
相手の感じた事実は、他者は否定できない。

ただね。

表現を「素直」にできる人もいれば
できない人もいる。
(好きなのに嫌いと言っちゃうとかね)

説明を省きすぎてしまって
意図と違う解釈になってしまう
事だってある。


簡略した表現
「毛玉の人」
正式表現
「基本的に毛玉のつきそうな素材の服を好んでチョイスする人」

・・・

また、
自分の事を好きでいてくれる人、
嫌いな人、
興味ない人
それぞれの意見は、たとえ同じ視点でも
まったく言葉の選択が変わる。

それについては

「インタビュア&ライター・鯰美紀さん」の
プレゼン動画「言葉に魔法を」
をご参照いただきたい。

あなたに伝えられた言葉が
善意のフィルターなのか
悪意のフィルターなのかで、
こうも表現が変わる事がわかるであろう。

(記事内 一番上の動画)

http://ameblo.jp/miki-um/entry-12180345957.html

・・・・

「東 舞香ってどんな人?」

先日、みなさまからご意見を頂く
事にしました。

東 舞香はどんな人!? 自分では見えない「他者からみた東 舞香とは!」
先日募集させていただきました 「東 舞香はどんな人?」アンケート。 (∩´∀`)∩ わたし自身の参考のためと、 傍から見て「何者ぞ」と思った方の ために! このアンケートを...

これを見るとね、色々気づきがあるわけで。

気付き①

自分が思っている自分と、
相手の評価が違う事。

自分が好きでない部分、
自信がない部分、
強みでない・短所だと思っていた部分。
それがいいと褒めてくれる人がいる。

気付き②

表現も様々。

全体的に読むと、
与えている印象はざっくりと共通すると
わかる。
しかし、それぞれの言葉の表現自体は
まったく異なり、
また、伝えてくれる協調ポイントもそれぞれ。

気付き③

意見をくださるという事は、
「興味」をもっていただいている。

(善意でも悪意は別として)

現在、ここにいただいたメッセージは
嬉しい内容ばかり。
嬉しくてテンションあがっちゃうわけで。
(∩´∀`)∩

ただね。

「相手からみたわたしの評価」。
いわば
「わたしにとって都合のいい意見」
ばかり来るとは限らない。
(褒められるばかりとは限らない。
もちろん批判や攻撃だってあるはず)

だから、安易に人の意見を募る事で
うっかり自分が凹む結果になるかもしれない。

残念ながら、それは致し方ない。
相手にも考えや好みがあって、
善意があるなしでも表現は変わる。

でもね。
そもそも「興味」を持ってくれていなかったら
レスポンスすらないわけで。

どんな内容でも、まずはその方が感じた意見を
わたしに伝えて下さる、という行為を
受け取る事ができる。

気付き④

解釈は受け取る側次第。

「意見を下さい~♡」
わくわくして意見を求めた時、
たとえば上から目線の
批判的なメッセージが来たとしよう。

これがね。
自分の中で
「褒められる前提」であれば。

「あの人にあんな事いわれた!ぷんすか」
「何もよく知りもしないくせに!ぷんすか」

としか捉えらないわけで。

耳の痛い内容でも
自分の向上のためであれば、
たとえウザくても痛くても向き合うわけで。

いつもは言われても平気な言葉だって、
気分が落ち込んいる時に聴けば
追い打ちとなる言葉だってある。

つまりは、
受け取る側次第。

ただ、いくら興味を持ってくれたからといって、
相手にとって単なる愚痴のはけ口としての
役割ならば、
わたしは受け取らずスルーしちゃうけどね。

気付き⑤
自分の可能性が広がる

そもそも、わたしが
このアンケートを実施した目的はここ。

「自分が気付いていない魅力・可能性」
に気付いて今後活かしたいから。

自分の貫きたいこだわりも大切。

しかし、自分で気付かない事なんて
山ほどある。

自分の中では「ナシ」とスルーしていた
事だって、
周囲から見て「アリ」かもしれない。

もちろん、他人に求められても
自分が嫌ならやらなければいいだけ。

ただ、自分にとっても
「案外、アリじゃね?」
と気付けるものが増えたら、

これまた面白い展開になると思っている。

自分の枠の中だけでは
広がるものも広がらない。
人とのつながりの中でしか
気付かない事もある。

そんな真面目な話。
(*‘∀‘)

・・・・・

人の評価を気にしている方へ。
人の評価を気にしないように
頑張って努めている方。

人の評価が大切、という意味と、
人の評価に踊らされるな、

というのは矛盾しない。
論点が違うだけ。

自分が好きな事を、自分のためにすることに
誰かからの許可はいらない・やめる言い訳に
しなくてよい。

(犯罪とか他人に迷惑のかかるものは
また別の話ね)

「自分」って。
自分の中にしかないものと、
人との関り・フィードバックの中にしか
ないものもある。

自分のためだけの事なら、人の意見は不要。
しかし
「わかってほしい・提供したい・役立ちたい」
のであれば、その対象となる「相手」の意見は
大切でないわけがない。

「あの人に〇〇と言われた」
それは思い込み?貴重な意見?

自分にとって・その人にとっての事実はある。
ただ、なんだかんだ
誤解・思い込みの可能性だってある。

また、言われた「あの人」とは、
あなたにとってどういう人なのか。
自分にとって大切な人なのか。
自分にとって大切な意見なのか。
相手の中の事実があり、表現がある。

それは
表現する側の表現と、
受け取る側の解釈次第。

そんな誤解や思い込みすらある中で
日常を生きているわけで。

だからこそ。

あなたは「誰のどんな評価」を
受け取るのか?
自分のさらなる可能性を広げる事は
どうすればいいのか?

そういう意味で、
時にがっつり他者評価に目を向ける
というのも大切な事。

さて。
あなたは「どんな人」だと言われますか?
それをどう受け取っていますか?
それをどう活かしていますか?