赤ちゃん・子どもは「わかっている」。

赤ちゃん・子どもは
「わかっている・意思を持っている・伝えている」
という話。

・・・・・

わたしは「たいわ士」と
名乗っていますが、
赤ちゃんとの通訳さんとしての
活動をしていません。

それでも
「赤ちゃん・子どもは
ちゃんとわかっていて、
しっかり意思を伝えている。」
これはわたしの中で、
紛れもなく、確信しています。

赤ちゃんが今 言語的にこんな事会話しているよ~、
という通訳のセッションはしていませんが、
赤ちゃん・子どもを
「わかっていない」存在だと
思っている人に、
どんな小さな子・お腹の中の赤ちゃんでも
意思を持っていて、ちゃんとわかっている
という事は伝える事ができます。

赤ちゃん・子どもとのたいわとは、
特別な事ではありません。

普段お子様と接するママさんとお子さんや、
妊婦さんとお腹の中の赤ちゃん、
助産師さんなどお子さまと関わる方々は、
実は自然とやっている事なのです。

・・・・・

「子どもはわかってない」
世には、そう思っている大人も
まだまだ多いと思っているけれど、
そういう人も、
「実は、薄々気付いているのでは?」
と思うよう事があった。

なぜかというと。
以前わたしのママンが、孫に

「まだ3か月やのに、この子わかってるみたいやねぇ」
「いやいや、普通そんなんまだわからへんし~」

といって、ひたすらあやしている姿
を見て思ったのである。
わたしからすると「いや、わかってるし」
と突っ込みたくなるのであるが、
よくよく観察していると、
「わかってるみたい!
」という疑いの言葉を連呼しながらも、
笑顔であやし続けるのである。
(うちのママンは、子ども好き)

なんだかんだ言う大人も、
周りの状況や大人の反応をわかっているから
赤ちゃんが反応している、という事を、
ちゃんとわかっているわけで。
自分があやしてもあやさなくても同じなら、
わざわざ笑わせようとしないはず。
笑って欲しいから、あやすわけだし
それで笑ってくれたら嬉しいわけである。
というわけで、今回は
「赤ちゃん・子どもはわかっている」
事象を挙げてみた。
胎内記憶とか、そんな事ではなく、
ごく日常あるあるの例えをいくつか。
(イメージする子は、言葉も話せない小さなお子さま)

・・・・・

◆ 本物と、おもちゃの違いもわかっている

今時のお子さんは、すでにケータイ・スマホ世代。
おもちゃでも似たようなよくできたものが
たくさんある中、大人が持っている
スマホ見ると、いくらおもちゃを見せても、
大人のスマホ触りたがる。

自分が今触りたいのは、
あくまで大人が使う本物の方であり、
おもちゃの方でない。
とわかっている。

◆ お腹が空いている時、ミルクを目の前に準備。大人がぽいっと隠すと、それを指さして、泣く。

目の前にミルクがあり、隠された事をわかっている。

◆ こけたら泣く

程度にもよるが、こけたら痛いもんね。
また、びっくりして泣く事も。

◆ 泣いているにも理由があり、
違うものではごまかされない。
赤ちゃん・子どもが泣く時、
理由がちゃんとあり、泣き方や反応も全く違う。
もし、お腹空いた・喉乾いたという理由なら、
おっぱいやおやつを見せた途端、
必死に口を動かし、
食べ物・飲み物に食らいつくカンジ。
ママが離れた途端ギャン泣きする子は、
ママが戻れば安泰。
ママが離れようとした気配だけで泣きだす子も。
もし、ママが居なくて寂しくて泣く場合や、
ただ泣きたい時など、
周囲の大人は何とか泣き止ませたくなるもの。
そんな時、いくらおもちゃや
お菓子を見せたところで、
子どもは激しく泣きながら
ちらっとおもちゃやお菓子を見て、
強く払いのける事がある。
また、他人が抱っこしてあやそうにも
ママが居れば、ママ以外は完全拒否モード。
これじゃない、
お前じゃない、
ママがいい!
という事、意思表示。

・・・・・

こう書くと、日常当たり前すぎる
光景だと思うだろう。
つまりは、
ちゃんと意思表示をしっかりしている
という事。

ただ、子どもの成長発達の過程において、
自分と他人の境界線がない時期、とか、
どれくらいで叩くと痛いとか、

経験がないからこそ加減もわからない。
だからやってみたい。
伝えたいけれど言葉や表現のクオリティーが
低いからこそ、伝わらずイライラしたり、とか
それは、成長過程として当然の事。

そんな事言えば、大人になろうとも同じ事。

経験していない事は、苦労もわからないし
やってみて初めて気付く事なんて山のごとし。
大人になってからも、
人は何かしら学び続けるものなのである。

※わたしは最近「wordpress」を
ちまちま始めたわけで。
やってみて初めて、得意不得意とか、
好きか嫌いかも気付くわけで。

・・・・・

これだけしっかり意思を伝えてくれる
赤ちゃん・子どもに対して、
「赤ちゃん・子どもだからわからない」
そう言えるだろうか?
日常使う「子どもだからわからない」は、
大人の都合、ごまかしが・通じない、

という意味なのではないだろうか。
赤ちゃん子どもが見ている、聴いている、知っている、わかってる、と、
何か都合わるい人、いますかねぇ・・