心のお勉強を頭でやり続けている人へ~わたしが「たいわ士育成講座(南山みどり)」を受講したきっかけ~

わたしが「たいわ士育成講座」を受けたいと思ったのは、
「自分と向き合う」事が、いよいよ必要だと思ったから。

心のお勉強を、ずっと頭でしてきて、
「感じる」事を、頭で止めてきたから。

その当時は、
人のオーラが見えるようになりたり、人の気・エネルギーを感じるようになりたい、人の事をわかるようになりたい・・・
そう思った事が学びの始まり。
基本的に、からだとか、こころとか、そういう話は好きであったわけで。
しかし、結局「わからない」を言い続けてきたのです。

それは、肝心の「自分」「自分の感覚」を、大切にしていなかったから。

いつも人から言われるのが
「繊細・感性は鋭いのに、頭で止めている」

それまでの過程において、
自分が鎧を着ている事、
本来はもっと軽やかになれる・自由になれる事、
そこに少しずつ気付いてきていたけれど、
しかし、そこからどうしても先に進めない。
知識とかスキルとかではない、それ以上に大切な事がある、それに少しづつ気付かされてきた。

それが、
自分に素直になる事、
自分を大切にする事、
自分を認める事。

結局、根本はここ。

そう気付いてからも、そこにとりかかるまで、かなりの月日を要しました。

自分にとって、「一番ありえない事」「一番やりたくない事」だと思っていたから。

それでも、「自分を生きる」ために、自分の人生を選ぶために、
一番ありえない、と思っていた事に向き合わざるをえなくなったのです。

そのわたしが選んだひとつが、「たいわ士育成講座」。

これ以上あらたなスキルは必要ない。
スキルを学んだところで、わからない、それを言い続けるのだろう。
だからヒーリング系のセミナーはこれ以上は受けないと決めた頃。
そんな頃に知ってしまった「南山みどり」先生と「たいわ士育成講座」。
説明をとことん読み込み、「自分向き合う」「赤ちゃん・胎児のメッセージを受け取るスキルを学ぶのではない」
その点に惹かれ、受講を決める事に。

そして、今現在。
ちょっと前の自分からすると、
「自分に正直に」「自分に素直に」なんて、
とことん人に語る日が来るなんて想像もしていなかったわけで。
もちろん、一回や二回で終わらないものもあるし、
こころの傷が全て癒されて何一つ曇りがなくなった、というわけではない。
自分が持っている傷さえも、持っていて大丈夫、と認める事ができたら、次に進む事ができる。
前に進む事ができるなら、過去の傷のひとつやふたつ、そのままでもいいのです。それが自分の生きた証だと、大切にすることができるから。

人の気持ち・相手の気持ちがわからない・どうにしかしたいけど、どうしていいかわからない・・・・
そんな時ほど、「まずは自分」から。

・・・・・

そんな事をたくさん気付くきっかけとなった「たいわ」「たいわ士・南山みどり」先生に、是非会いに来てみて下さい。
◆ 9/18? 西宮市民会館
たいわ士南山みどり先生 トークライブセッション~子の気持ち・親の気持ちが分かる 「たいわカフェ」
詳細・お申込み・お問い合わせなどはこちらから。
http://www.kokuchpro.com/event/40180137fb5f9d6146230f89422eec10/
「たいわ士育成講座」
http://www.taiwashi.net/for-course